治療の流れ

@ 矯正検査

 検査 写真 

口腔内写真、顔写真、全身写真、レントゲン写真の撮影、オクルーザー(咬合力検査)、リットレメーター(口唇圧)、インジケーターライン測定、動的バランス検査、歯列模型作成。これには1時間ほどかかります

 

 

 

A 検査結果、治療方針説明

0439-2.jpg今のお口の中の状態を説明します。これからの治療方針を説明させていただきます。

食生活と悪習癖について改善(バイオセラピー)治療はこの日からスタートです。

 

 

 

B 矯正装置の説明

 

DSC_0581.JPG取り外しの出来る床装置の場合、検査から約3週間後に矯正装置が出来上がります。床装置の調整と取り扱いの説明をします。

食事の時、歯磨きの時、国語音楽英語などしゃべる授業のときは装置をはずします。そのほか時間は出来るだけはめるようにします。寝ている時も装着します。小学校低学年の子など学校につけて行かない場合は家に帰ってから装着します。合       計14時間以上装着できれば治療は可能です。この時間を下回ると治療が進まなくなりますので注意が必要です。


          これから装置を使った治療もスタートです!がんばろう!

 

            固定式の装置の場合は歯に装置を装着します。


ワイヤーを細い物から太い物に交換していくと歯並びが整っていきます。装置は取り外しが出来ませんので、歯磨きを念入りにしましょう。

C 矯正治療の管理(1〜3ヶ月ごと)

床装置の使用状況をお聴きして、床装置の状態を調べます。固定式装置の場合はワイヤーやゴムを交換します。
食生活や悪習慣についての指導をします。


虫歯と歯ぐきのチェックをして、歯石や歯垢をきれいに取ったり、歯ブラシの練習したり、フッ素を塗ったりします。

 

D 装置を使った治療が一段落したら機能訓練開始

 

ASC_0444-2.jpg装置によって歯並びがきれいになったら、しっかり咬めるようになるために食生活の改善、悪い習慣の指導をもう一度、しっかり行います。必要な人にはチューブ咀嚼訓練や舌の訓練を始めます。

 

 

骨が安定し、機能が安定するまで装置ははずせません。固定式の装置をはずしたい人は保定装置に切り替えます。もう少しだ、がんばれ!

 

 

 

E 矯正装置の卒業

オクルーザー1.jpg歯並びがきれいになるだけでなく、骨が安定すること、きちんと咬めるようになること(オクルーザー検査)悪い習慣がなくなること。つまり歯並びが悪くなった原因が改まれば治療は終了です。おめでとう!

 

 

 

 

F 12才臼歯が萌出まで管理

装置を卒業しても、12才臼歯が萌出完了するまで6ヶ月ごとに虫歯のチェックをしながら生え変わりを管理します。歯並びになにか問題が起きれば早めに対処します。

 

 

三重県 四日市市 山城町のみらい歯科