歯並びがわるいのはなぜ

 あら大変永久歯が変なところから生えてきた

 あごが小さくて歯が入りそうにない

 受け口になっている

 出っ歯になっている気がする
 

 一番最初に歯並びの異常に気付くのはお母さんです。

 

むし歯の治療は早いほうがいいというのはご存じかと思います。虫歯が大きくなれば神経を取らなければならなくなり治療時間も体の負担も増えていきます。

 

歯並びも同じなのです。歯並びの異常に早く気付き、早く治療をすれば意外と簡単に治せるのです。逆にそれを放置するとますます悪くなり、治すのに手間がかかるようになります。みらい歯科では歯並びも予防であると考えています。

 

床矯正を始めたわけ

私たちが大学で学んだ矯正学はすべて永久歯に生え変わるのを待って、それから永久歯を抜いて固定式の装置で治療するというものでした。

 

ですから、私が歯医者になったすぐの頃は「まだ乳歯ですから様子を見ましょう」と説明していました。しかし、虫歯予防に通ってくれる子供たちを診ていくと、ますます歯並びが悪くなっていくこが多いのです。せっかく虫歯を予防出来たのに歯を抜いて矯正するということはとても悲しいことに思われてなりませんでした。

 

何もせずに、ただ悪くなっていく歯並びをただ見るだけで、虫歯予防だけでよいのだろうか?歯並びが悪くなるのも予防歯科ではないのだろうか?そう思い始めて、試行錯誤しながら予防矯正をはじめ、床矯正にたどり着きました。

 

お母さんが「おかしい?」と思った時が治療開始のタイミングです。実際、みらい歯科では永久歯の前歯が生えそろった7歳ぐらいから治療開始する子が一番多いです。受け口やアゴがずれているなど顔の成長に大きな影響を与えるようなケースは4歳ぐらいから治療開始することもあります。

 

なぜ歯並びが悪くなったのでしょう

 なぜ歯並びが悪くなったのでしょう

ガタガタの歯並びの原因の多くは歯が生える場所が足りないことです。つまり、アゴの成長不足によるものがほとんどです。

 

歯並びはもちろん大切ですが、歯は並びよりも正しく使うことが大切です。正しく使えばアゴが正しく成長し、歯が並ぶ場所があれば歯はきれいに並びます。そして一番大切なのは正しく咬むことで顔が正しく成長することなのです。

 

みらい歯科では成長期の子供の場合、永久歯は抜きません。抜歯すると萎縮した顔がもっと萎縮してしまうからです。歯が並ぶのに必要なアゴの大きさに成長することの方が自然だと考えています。

 

食生活

顔が成長するためには発育刺激が必要です。それは咬むこと、つまり食事のの環境が大切になります。

 

@食事中のの姿勢が悪い。

A水分を取りながら食べている。

B食事の時間(15〜30分ぐらい)が適正でない。

C咬む回数が多くなるような食材選びや調理法していない。

D小さく切ってしまって前歯で咬むような大きさの物を食卓に出していない。

 

この5つのなかで思い当たることがあればそれを改善することが治療の第一歩です 。

▲このページのTOPへ

三重県 四日市市 山城町のみらい歯科