なぜ虫歯になるの

基本的なことですが
虫歯とはなんでしょうか?
歯はハイドロキシアパタイトという物質をメインにできています、ほかいろいろあります。
これはカルシウムの化合物です。化学で習いますがイオン化傾向というものがありましてカルシウムは酸に溶けやすいのです。
口の中にはもともと酸はありませんが酸を含む食品を食べますと歯に酸がつきます。
もうひとつはお口にいるバイ菌といわれる一部の細菌・真菌などが食べカスをたべて酸を出します。
この酸が歯を溶かしてしまい虫歯になります。
虫歯を防ぐにはどうすればよいのでしょうか。簡単にいえば口の中、特に歯のまわりを常に中性に近い状態に保てばよいのです。以前のブログで酸は口の中の細菌・真菌などが作り出すものと、食品として摂取するものがあるといいましたが、その酸が歯に接することで歯は溶けてしまいます。ですからはに酸を近づけなければいいのです。

1 まずは酸を口の中に入れない つまりバイ菌の栄養となる甘いもの特に砂糖を摂取しない。強い酸を含む食品を摂取しない

2 酸を出すバイ菌を口の中から繁殖させない・追い出す

3 酸を薄める、もしくは中性化する


      以上3点です
ここで大きな役割を果たすのが、食生活、ブラッシング、唾液の3つです

食生活の見直しこれが基本です。バランスがとれた食事こそ虫歯予防の基本ですブラッシングこれも重要です。ここでのポイントは食べ残しを磨くのではなく歯垢つまりバイ菌を取り除くことが大事です。そして酸を薄め、習性化するのが唾液の役割です。たとえ大量の酸が口の中に入っても、唾液には緩衝作用という働きがあり酸性を中性にしてしまう素晴らしい力を持っています。また量が多ければ薄める力も持っており、虫歯予防には唾液の力が欠かせません。
唾液の緩衝能は人によって違っており、質の良い唾液をたくさん出せれば虫歯になりにくいのです。虫歯予防の基本は生活習慣に根ざしており、まず生活習慣を見直すことこそ、虫歯にならない決め手です。これは歯の外の環境の問題ですが、歯の質そのものも重要な要因となります

三重県 四日市市 山城町のみらい歯科